‘森の手入れ’

もりのひとから・・・

2017-05-07

ちょくちょくテレビで取り上げていただいているのを機に、
お店をはじめてからずっと感じていることを書いてみます。

「パンを通じて森と人をつなぐ」

ってなんなのか。

山にあがって山菜を取ったり、木苺を摘んできて酵母にしたり
ヨモギを刻んでパンに入れたり。
これは、できる。

では、パンを買っていった人たちは、パンを食べて
「森っていいなぁ」

ってなるのか?

どちらかというと、「パンが美味しいなぁ」もしくは「硬いなぁ」(?)
で終わるのではないか。

薪割り会や、小学校の子供たちと山で遊ぶ方がよっぽど
山の中っていいなぁにつながるのでは?

子どもを連れたお客さんが
ランチを食べたり、パンを食べたりしていて
なんとなく、「困っている」雰囲気な時がある。

自分自身、自分の性質が障害にならないように
色んな事を工夫して生きているから
子どもを育てているときに感じることをもっと共有できたり
話したりできればなぁと思うんだけど、日々のお客さんとのやりとりの中では限界を感じる。

北海道という地で、子供を野外でどんなふうに育てたり
寄り添って自然と学べるかという活動をNPOの職員としてずっとやっていた人が
「食べ物を通じて子供たちと関わりたい」と思い始めて
もう1人は大学で川のことや山のことや勉強しながら
鳥取に帰って、少しずつでいいから未来が住みやすくなることにつながる仕事がしたいなと思いながら
北海道でいろんな体験をしていて。
そんなときに、2011年3月11日の
震災が起こりました。

「震災で変わった」という人は多いと思うけど
やはり2011年の震災の影響はすごく受けている。

東北と北海道というのは、距離的にも近いし
いろんな繋がりがあるので
その2011年の夏に、福島の子供達が
北海道に長期間滞在してもらって
保養できるようにする取り組みが
はじまりました。 「ふくしまキッズ」http://fukushima-kids.org/

もりのひと、の2人は
その取り組みを通じて出合いました。

今生きている社会が、ほんとうはとても
脆い仕組みで成り立っているということ。
大きな地震が起きたり津波が起きたりしたら
すぐに揺らいでしまうものだということ。
信頼できる人間関係や、
食べることや寝ること、体を動かすこと
生活の基盤。

2人が大事にしたいことを合わせて仕事にしたいね、と。

パンを食べておいしいのも大事だし、
外で体を動かすことや、山に時々あがって自然を感じたり、
少しづつ世の中が良い方向へ変わっていくというのも大事。

2017年の薪割り会は6月からはじめます。

”モリノナカデ” ずっとあたためてきたものを
少しづつ、動かせるといいなぁ。

本日も11時より、パン屋さんオープンします。

重機女子

2016-03-26

おはようございます。

鬼の居ぬ間に洗濯。

子どもの寝てるまにHP更新。

 

と、意気揚々とタイトルをつけてみたはいいものの

ちゃんとした重機女子の写真は見当たらず。

発見されたらまた記事を書きなおします。

 

もりのひとのもり、こと

わたしのおじいちゃんの山ですが

(山全部じゃなくて、果樹園の範囲くらいですよ。みんなで共有の、里山です。)

 

月に1度程度は上がれています。

CIMG1864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに息子たち起床。

 

鬼が島へ行ってきます。。。

山の中で。

2015-11-16

2015年はじゃんじゃん篠刈り(しのがり)するぞー。
と、意気込んでいましたが、
少しだけ開けたところが増えたくらい。

まだまだ大部分は鬱蒼としたまんまです。

mori11

 

 

 

 

 

 

 

「もりのひと」であるからにはもりに行かねば。

パンがそこそこ美味しくて、お客さんが来てパンを買って下さるだけでは
もりと人はつながっていないし、放棄林も減らない。
鳥獣害も減らない。

それでも、2015年は
智頭農林さんとお話しする機会を頂いたり、
地元の小学校の子たちが山にきて遊んでくれたり、
くりを少しパンに入れてみたり(今年は不作であまり取れませんでしたが・・・。)
薪割り会も月1回開催したり(今月は22日と23日を予定しています)、
すこしづつ「もりのひと」らしくなってきました。

すこしづつ、すこしづつ。
来年はまた、ちょっとだけ変化した「もりのひと」であれるように。

篠、(長さ2mくらいあります)農業資材に欲しい方、いくらでもあります。
ご連絡ください。

来週からシュトレンの予約もはじめます。詳細はのちほど。
しばしお待ちください。

hatakenohito

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はたけのひと。
トラクターも楽しい。

9月の薪割り会がありました。

2015-09-22

いつもサボって
薪割り会の報告をしていませんでしたが
今日はちょこっとだけ報告を。

しばらく肌寒いくらいの日が続いていたのに
今日は快晴。
薪割りしたら汗が出る。
大人5名、子ども3名の方が参加してくださいました。
ありがとうございました!!
みなさん、お疲れ様でした。
たくさん割れましたね。

CIMG2426

CIMG2421




















今日は斧が4種類もあり。
(写真には3種類しか写ってませんが。)

斧の違いでどんな割れ方の違いがあるかなど、
せっけんが語りだしてしまう場面も見られました。
(しゃべらせると長い。)

CIMG2423



















写真を撮り損ねましたが、
ピタパンを焼いて、ひじきの炊いたのとジャガイモを詰め
ピタパンサンドも食べました。
焼くとぷくっと風船のようになるピタパン。
面白いのでまたぜひやりましょう。

差し入れも沢山いただいてありがとうございました!

また来月、開催しますので
初めての方も、薪ストーブユーザーさんもぜひどうぞ。



20150809_121138

←ハンモックを張ったりもした、夏のときの写真。
(暑すぎてほとんど薪は割れてませんが・・・。)

A Happy New Year!

2015-01-08

まきとはるま

 

☆あけまして おめでとうございます☆

 

2015年は、沢山の新しいことにチャレンジしていける年になればなぁと思います。

 

2014年は2度ほど薪割りイベントを開催できました。

 

今年はさらに、山の中に入っていって手入れをする機会が増えそうです。(重機も増えました。)

 

今年こそ、木の実のパン、鹿肉(イノシシ肉)ソーセージのパン、スープなどに挑戦していきたい!(意気込み!)

 

森、山に入って作業してみたい方、薪ストーブユーザーの方をお待ちしています。

 

もりのひとの森

2014-03-20

 

春が近づいて、ぽかぽかしてきました。

 

もうこうなると、森へ出かけるしかありません。

冬の間に、雪がどっさり積もるので

その雪で木が折れたりすることもあります。

冬の前と後で変わったところがないかを確認する意味もあります。

 

なにか美味しいものがあればいいなぁ。

 

あらら。

もう、梅の花が咲いていました。

 

ume

 

咲いたばっかりで落ちてしまっていた枝を拾ったようです。

折っちゃだめだよ。

 

 

少しですが、ありました!!

ヨモギです。

まだまだ小さいので、これから大きくなったらヨモギのパンを

試作で作ってみたいと思います。

 

 

yoogi

 

Copyright(c) 2013 もりのひと All Rights Reserved.